秀明大学

Eキャンパス  資料請求  アクセスマップ

トップ > 学生生活> 保健管理について

保健管理について

保健室

開室時間

月曜日~金曜日 9:00~16:00(長期休暇中、年末年始は除く)

場所

2号館1階

業務内容
  1. 応急処置
    けがや体調不良などに対して応急手当てを行う。気分の悪い場合、休養ベッドを利用することができる。
  2. 健康相談
    心身の健康に関することや、学生生活での不安や悩みについて相談できる。
  3. 健康診断
    毎年4月に全学年を対象とした定期健康診断を実施している。健康状態を知るため、毎年受診すること。 特に4年生は就職活動の際に使用することもあるので、必ず受診すること。
  4. 健康診断証明書
    定期健康診断を受診した者のみ発行する。(1部200円)申請手続きは学生課にて行う。

近隣提携病院

本学では次の病院を提携病院としているので、緊急の際、保険証がない場合(後日提出)でも学生証を提示することで診察を受けることができる。

新八千代病院

〒276-0015 千葉県八千代市米本2167 電話047-488-3251

島田台病院

〒276-0004 千葉県八千代市島田台887-7 電話047-488-7788


AED設置場所


感染症

学校保健安全法で定められた「学校において予防すべき感染症(学校感染症)」に感染した場合、状況把握・感染拡大防止のために次の手順で必ず届け出てください。なお、下表の出席停止期間の基準を参考に外出を控えるようにしてください。

学校感染症にかかった場合の届出手順
  1. 保健室へ電話連絡
    学校感染症と診断された場合は、直ちに保健室に電話で連絡をしてください。病状確認と今後の手続きを説明します。(電話:047‐488-2134)
  2. 病気療養
    出席停止期間の基準を参考に、外出を控えてください。
  3. 治癒後の手続き
    〇登校可能となったら病名・治療期間が記載された治癒証明書を保健室へ提示してください。
    ※学生寮に入居している学生も同様に手続きしてください。

    治癒証明書のダウンロードはこちら

    〇出席停止期間中は欠席届を提出することで「届出欠席」として扱われます。 欠席届が必要な場合は、保健室へ提示した治癒証明書を教務課へ提出してください。
分類 感染症の種類 出席停止の期間
第一種
感染症
エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)
中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る)
特定鳥インフルエンザ
治癒するまで
第二種
感染症
インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く。) 発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は五日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん 解熱した後三日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後五日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん 発しんが消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発しんが痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後二日を経過するまで
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
第三種
感染症
コレラ
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症※

病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

※その他の感染症…全身状態が悪いなど、医師の判断で出席停止の措置が考えられる疾患


健康サポートホットライン

健康サポートホットライン
24時間電話健康相談サービス
健康サポートホットライン


※フリーダイヤル番号は、保健室・学生課にお問い合わせください。

【ご利用に際して】業務委託先:ティーペック(株)

メンタルヘルスのカウンセリングサービス
健康サポートホットライン
URL:https://t-pec.jp/websoudan/

※ご利用にはユーザー名とパスワードが必要です。保健室・学生課にお問い合わせください。

【メンタルヘルスのカウンセリングサービスのご注意事項】
面談カウンセリングのお申込に際し、すでに心療内科・精神科にて治療を受けられている方は、主治医の許可を得たうえでお申込みください。

ページのトップへ戻る