教育方針

大学の目的
(学則第1条)

本学は、教育基本法並びに学校教育法に基づくとともに、本学の建学の精神である「常に真理を追究し、友情を培い、広く社会に貢献する人間形成を目的とする」を踏まえ、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学術を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ新しい時代に即応して国際的な広い視野と深い識見を有し、強い実行力を具えた人材を育成することを目的とする。







教 育 目 標

(1)英語・情報・実学重視の教育と人物重視により優秀な人材を育成する。
(2)未来変化に適応し常に問題意識を持ち、問題を解決する能力を養う教育を行う。

  1. 自己の果たすべき役割を自覚するとともに、結果に責任を持つ自立した人間になること。
  2. 「知・技・心」の調和とともに、思考力、判断力、創造力に富み、自分の意見を相手に伝え、納得させる力を持つこと。
  3. 世界共通語の英語と、世界の情報をキャッチし、発信できるコンピュータを自在に駆使できる国際人になること。

このページのTOPへ