秀明大学

Eキャンパス  資料請求  アクセスマップ

トップ > イギリス留学 > イギリス留学のシステム

イギリス留学Q&A

ご質問一覧

準備編

洋服を持っていくのに、現地の気候が気になります。日本より寒いのでしょうか?
持っていったほうが便利なものはありますか?
荷物はどうやってイギリスに送るのですか?
英語が苦手で、外国人との会話の経験もほとんどありません。 日本にいるうちに何か準備をした方がいいでしょうか?
留学に必要な費用はいくらですか?

学校編

現地の先生に日本語は通じますか?
外国人の友達を作る機会はありますか?
夏休みはどうなっていますか?

生活編

服の洗濯はどうしているのですか?
食事はどこで何を食べるのですか?
病気にかかったときのことが心配です。
ホームステイがあると聞きましたが、CCCからは近いのでしょうか?

あれこれ編

家族と離れて生活するのが初めてで不安です。大丈夫ですか?
日本にいる家族や友人とどのように連絡をとっていますか?
お小遣いはどれくらいあればいいですか?それはどうやって持っていくの?
パソコンがあると便利と聞きましたが?


ご質問回答

準備編

洋服を持っていくのに、現地の気候が気になります。日本より寒いのでしょうか?
カンタベリーの緯度は、北海道よりも北にあるので、かなり寒いというイメージがありますが、暖流の影響でイギリスは温暖な地域です。イギリスの夏は、日本の春のような気候で、比較的涼しく、雨があまり降りませんので快適に過ごせます。日中は半袖、半パン姿が一般的ですが、夏といっても朝晩は冷え込むことがありますので、薄手のセーターやジャケットは必携です。
※Yahoo!UKなどでイギリスの気温を調べてみるのもいいですね。
持っていったほうが便利なものはありますか?
普段よく使用している医薬品(風邪薬や胃腸薬など)は少し多めに持って行った方がいいです。コンタクトの人も注意が必要です。事前に眼科などで相談しておくとよいでしょう。不思議と思うかもしれませんが、湿布薬は一般的ではありません。運動をする人は持参した方がいいでしょう。また、耳かきはイギリス人は使いませんので、市販されていませんのでご注意ください。簡単な裁縫セットもあると便利。男性もボタン付けくらいは練習しておきましょう。
荷物はどうやってイギリスに送るのですか?
飛行機に積み込むスーツケースと機内持ち込みの荷物以外の物については、別送品として国際便で輸送することになります。出発の際に限っては、事前に申し込むと、専用パッケージを用いて割引価格で送ることが可能です(任意)。その後は、例えば日本の家族から送る場合には、個別に宅配便などを利用して送ります。船便は時間がかかるのでお奨めしません。詳しくは宅配業者のホームページなどを参考にしてください。
英語が苦手で、外国人との会話の経験もほとんどありません。
日本にいるうちに何か準備をした方がいいでしょうか?
特別な準備は必要ありません。会話については現地に着いてからCCCの先生について勉強するのが一番です。心配な人は基本的動詞の使い方や、高校の文法テキストなどを見直しておくと役立つことも多いでしょう。そして、イギリスの歴史や地理・文化などを勉強しておくと、より充実した留学生活を送れます。
留学に必要な費用はいくらですか?
5ヶ月間の留学費用として50万円が必要です。この中には寮費、食費(1日3食分。土日も含む。)、ホームステイ費用(2週間)、光熱水道費が含まれています。さらに入試の結果により、50万円全額または半額の25万円が大学から奨学金として補助される制度があります。これ以外に必要な費用は、往復の渡航費(40万~45万)と小遣いです。小遣いは日本での小遣いプラスα程度で十分です。

学校編

現地の先生に日本語は通じますか?
日本語が多少わかる先生もいますが、先生とのやりとりは原則として全て英語です。先生は君たちがわかりやすいように、初めはやさしい単語でゆっくり話しかけてくれます。失敗を恐れず、とにかく相手の言うことをよく聴いて、知っている単語で話すという姿勢が大切です。
外国人の友だちを作る機会はありますか?
たくさんあります。たとえば、ケント大学の学生がCCCに寝泊りしていて、夜間のカンバセーションティーチャーになってくれます。帰国後もメールで交流を続けている学生も少なくありません。また、ケント大学は世界中から留学生が集まっている国際的な大学です。
夏休みはどうなっていますか?
8月の帰国前に10日間ほどの夏休みがあります。この期間にほとんどの学生はCCCを出て、イギリス国内やヨーロッパを旅行してきます。旅行の計画・立案についてはCCCの先生がいろいろと相談にのってくれ、特に治安面に気を配り、的確なアドバイスをしてくれます。気の合った友人と旅に出かけるのは楽しいものです。

生活編

服の洗濯はどうしているのですか?
CCC内にコインランドリーがあります。洗濯機は1回3ポンド、乾燥機は無料です。ただし、洗剤はスーパーなどで各自用意してください。カンタベリー市内にはスーパーや衣料品店・雑貨店などのお店があり、生活に必要な物は全て買うことができます。ちなみに、イギリスの水は一般に『硬水』と呼ばれ、日本の『軟水』に比べるとマグネシウム、カルシウムを多く含む水です。もちろんイギリスは先進国ですから、水道の水に問題があるわけではありません。だだ日本とはまったくタイプの異なる水なので、CCCではキッチン以外の水道水は飲まないように注意しています。また、洗濯などでは泡が立ちにくいという性質を持っていますが、洗剤・シャンプーなど日本製でも問題ありません。
食事はどこで食べるのですか?
食堂で三食食べることができます。バイキングスタイルで複数のメニューからチョイスでき、デザートもあります。CCCには簡単なキッチンスペースがあるので、慣れてくると、そこで日本食を自炊する学生もいます。日本食が恋しくなりそうな人は、インスタントの味噌汁などを持参するとよいでしょう。カンタベリー市内やロンドンには日本の食材を扱っているスーパーもあります。
病気にかかったときのことが心配です?
具合の悪いときはすぐにスタッフに申し出てください。症状が軽ければ、CCCの近くにあるメディカルセンターで診断を受けることができます(無料)。盲腸や骨折などそこでは対応できない事態の場合には、日本人スタッフと一緒に市内やロンドンの病院へ行きます。またそうした場合に備えて、事前に海外旅行保険に加入しておくと経済的にも安心です。
ホームステイがあると聞きましたが、CCCからは近いのでしょうか?
留学中にはカリキュラムの一環としてホームステイもあります。CCCから徒歩圏内の所や、バスで10~20分ほどの所などがあります。寮を離れてホストファミリーの家から通うので、また新鮮な気分になれます。ホストファミリーへのお土産についてよく聞かれますが、高価なものは必要ありません。100円ショップで見つけたものや折り紙、日本のお菓子も意外と喜ばれるようです。

あれこれ編

家族と離れて生活するのが初めてで不安です。大丈夫ですか?
渡英前に事前研修があり、留学生活の基礎知識を身につけられます。CCCには日本人スタッフや同世代の先輩も同じ寮に住み、24時間警備で「ポーター」も常駐しています。そして何よりたくさんの仲間が一緒ですから大丈夫。留学中に一生の友人と出会って帰国する学生も少なくありません。そうした出会いも楽しみにしてください。
日本にいる家族や友人とどのように連絡をとっていますか?
日本への連絡は、PCメールとCCC内にある公衆電話で十分。テレフォンカードを購入すれば、格安でダイレクトにかけることができます。もちろん街中の電話ボックスからも国際電話は可能です。(自分の携帯電話やスマホで頻繁に日本へコールすると高くつくので注意が必要です)
お小遣いはどれくらいあればいいですか?それはどうやって持っていくの?
金額は人それぞれですが、ブランド品の買い物に行くわけではありませんので、日本にいるときのお小遣いプラスαで大丈夫です。日本からの送金は、旅行会社などで発行している海外送金用のカードがあると便利です。心配な人は、生活に慣れるまでのお金として出発時に3~5万円程度の現金を(ポンドで)持って行くとよいでしょう。
パソコンがあると便利と聞きましたが。
最近はノートタイプが軽くなったので持参する人が増えています。CCCにもパソコンルームがあり、そこを利用する学生もいますが、自己所有ならばいつでも使えるので便利です。また、無線LANの設定をすればインターネットもできるので、日本へのメールも気軽にできます。但しコンセントの接続には注意が必要です。イギリス用の変圧器とコンセントの変換プラグ(2~3個あった方が便利)がないと日本の電気製品は使えません。国によってプラグの形が様々なので、旅行用品店で購入するときはお店の人によく確認してください。
ページのトップへ戻る