トップ > 学部 > 学校教師学部 > 学部の特色

学部の特色

2022年3月卒業生の進路

 2021年3月卒業生は、211人中130人が正規採用(61.6%)、臨時的任用と合わせ183人が教員就職(86.7%)しました。これは国立大学の平均*(正規採用率43.7%、教員就職率59.0%)を共に大きく上回っています。特に教員就職率では、国立大学トップの76.4%を超え、全国1位です。

 2022年3月卒業生は、175人中107人が正規採用(61.1%)、臨時的任用と合わせ161人が教員就職(92.0%)しました。
特に、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、長野県、岐阜県、静岡県、沖縄県などに地元出身者が多数合格を果たしました。
* 国立大学のデータは、文部科学省発表「国立の教員養成大学・学部(教員養成課程)の2021年3月卒業者の就職状況等について」による


2021年度実施 教員採用試験の合格自治体一覧

学部の特色

単なる「知の伝達者」としての「教員」ではなく、生徒にとって人生の先輩となる、学力、指導力、人間性に富んだ「真の教師」を育成します。徹底して学校現場で研修を行うとともに、ヨーロッパの学校現場を訪問するなど、国際的視野で物事を考えられるカリキュラムを準備しています。教育に対して強い情熱と堅固な意志を持つ学生を歓迎します。



1. 一流の教師として重要な資質能力を育成する



2. 1、2年次に「学校現場研修」(学校インターンシップ)で優れた指導力を養う



3. 望ましい人間形成のための学生寮生活



4. 夜間学修で万全の教員採用試験対策



5. 「生きた英語力の育成」と「海外教育視察研修」



ページのトップへ戻る