秀明大学

Eキャンパス  資料請求  アクセスマップ

トップ > 学部 > 看護学部 > 学生生活

学生生活

看護学部交流会

看護学部では各学年間の親睦を深める目的で毎年、交流会を開催しています。
交流会は先輩のウエルカムメッセージで始まります。その後、みんなで「Shumei Bakery」の焼き立てのパンを食べながら、自己紹介や学校生活についてのアドバイスなど、たくさん話して学年を超えた交流を深める機会となっています。

飛翔祭

母性看護学分野

 今年度、母性看護学分野では「女性のためのハンドケア‐アロマの香りでリラックス‐」を実施しました。担当学生は、6月頃からハンドケアの準備と練習を始め、当日、多くの方々に練習成果を発揮し大活躍することができました。学修成果として、1年生は「おすすめのエッセンシャルオイル」2年生は「アロマテラピーの楽しみ方(日常生活編)」をまとめ展示しました。来年も多くの来場者をお待ちしています。

小児看護学分野

 学校教師学部の学生や教員の方と共に、緑に囲まれた青空の下にテントを立て「おもしろいね、ぼくらのからだ!おおきくなってね、わたしたち!」という企画を行いました。離乳食の試食や聴診器を使い自分の心臓音を聞いたり、学内実習で使用する乳児の人形等の展示を行い、来場した子どもたちは、それらを興味深そうに体験したり、不思議そうに眺めていました。同時に、お母さんたちの子育ての悩みを聞かせて頂く機会でもありました。

老年看護学分野

 老年看護学分野では特別養護老人ホーム“はなみずき”とコラボレーションし、ロコモティブシンドローム予防とハーバリウムなどのアクティビティを実施しました。家族連れの方をはじめ、老若男女問わず大勢の方々が来場され、楽しんでいただきました。

基礎看護学分野

 血圧測定時、自分の血管音が聞ける聴診器を用意し、来場者の方に聞いていただきました。学生達は常に笑顔で丁寧に対応しており、来場者の方から「自分の健康を見つめ直そうと思った」「丁寧な説明が良かった」「看護師さんのようだった」などの言葉がありました。学生達は「もっと上手く測定や説明ができるようにして、来年も企画したい」と語り、学修への意欲がより一層高まったようです。

公衆衛生看護学分野

 本企画は、「秀明ミッション2019~地域のニーズに応えていく保健師のたまご~」と題して、保健師選択コースの学生の八千代市の地域診断、健康教育の発表会の資料を展示しました。毎年、飛翔祭に来ているという小学生、大学周辺にお住まいの地域の方々に、八千代市の良いところは緑がとても多いこと、近所づきあいが多いこと等、たくさん教えていただきました。来年度もまた開催しますので、ご来場お待ちしております!!

在宅看護学分野

 当企画では、「Home Care Nursing ~在宅看護ってなあに?~」を、テーマに学生が在宅看護についてポスターにまとめ展示しました。また、八千代市訪問看護師会より訪問看護師をお招きし、よろず相談を開催。ユニバーサルデザインフードの試食コーナー(提供:㈱クリニコ様)も設置。当日は多くの方をお迎えし、学生・教員共々大きな励みとなりました。ご来場者の皆様、当企画にご協力くださいました皆様、どうもありがとうございました。

精神看護学分野

 今年のテーマは、メンタルヘルス「心と体の健康について考えてみよう~ストレスチェック~」。1年生の「精神看護学概論」の演習の一部ですが、唾液アミラーゼ測定器を使用しその数値からストレスレベルを測定するという企画です。参加者数は228名、自分のストレス値にびっくりしたり安心したりと、多くの方々に興味をもっていただけたようで、企画した学生ともども充実した2日間でした。

成人看護学分野

 実際の救命に少しでも役立てて欲しいとの強い思いから、昨年に引き続き、今年も心肺蘇生&AED体験コーナーを企画。学生達は事前に技術を修得していたので、当日は、来場者にしっかりと技術の伝達ができました。今年も多くの方に来場して頂き、計200名以上の方に体験していただくことができ、良い機会となりました。

講演会
健康づくりのこれから-東洋医学の見地から-

 これからの人生を健やかに送るために役立つ健康づくりについて、上海で中国医師をしたのちに本国で公衆衛生学を修めた春山先生から、東洋医学の基本的な考え方やそれを踏まえた実演を交えながら学ぶことができました。

看護学部2年生有志企画

 私たち看護学部2年生有志でタピオカを販売しました。課題やイギリス留学がある中での準備は大変でしたが、当日は完売することができ、またお客様からも美味しいと言っていだだけたことがとても嬉しく、達成感を得られました。この飛翔祭を通してチームとして活動することの大切さや、一人で全てを行うのではなく、役割分担をすることの重要性を身をもって体験でき、この経験をこれからの活動に生かしていきたいと思います。

看護学部有志企画

 今回、看護学部有志では、八千代市産のみを使用するというコンセプトのもとに、綿密な計画を行い、おにぎりとみそ汁を販売しました。販売中、学年を交えて分担作業を行い、一人一人が責任を持ち、わからないことがあれば互いに聞くなどのチームワークが見られ、看護師に必要なコミュニケーション能力を養うことができました。

飛翔祭 2018年度の様子

ページのトップへ戻る