トップ > 学部 > 看護学部 > 実習施設

実習施設

実習施設紹介MESSAGE実習報告

実習施設紹介

東京女子医科大学附属八千代医療センター

 主な実習先は、東京女子医科大学八千代医療センターです。最先端の医療技術と最新設備を備えた県内有数の大学病院です。「日進月歩」といわれる医療現場で活躍できる実践力を修得できます。大学病院という大きな組織での実習によって、さまざまな医療の中での看護職の役割を知ることができ、将来看護師として活躍するための貴重な学修の場となります。

MESSAGE

看護職を目指す皆さまへ
 東京女子医科大学は1900年に創立し、2020年に創立120年を迎えました。2008年に開院した東京女子医科大学附属八千代医療センターには、教育・研究・診療を提供する大学病院としての使命と、地域医療を担う地域の中核病院としての2つの使命があります。 急性期医療としての最先端医療を提供しながら、入退院支援センターを中心に早期に地域・在宅に戻れるように、診療所・病院・事業所・施設等の方々と協働し地域に根ざした医療を展開しています。
 看護職を志す皆さま、看護職はこれらの医療チームのなかで、リーダーシップをとれる調整者、そして、患者・家族の皆さまを擁護できる代弁者としての役割を期待されています。秀明大学で、最新の知識と技術、根拠に基づく看護実践力、様々な人との交流や新たな体験を通して多様な価値に触れ、豊かな人間性と倫理観を育んでください。そして、一人ひとりが目指す看護を探求し、ともに成長を続け、「あなた」らしい看護を見つけていきましょう。
 私たちは、あなたのチャレンジを全力で応援しています。

東京女子医科大学八千代医療センター
副院長・看護部長 川崎 敬子先生


実習報告

 看護学部の1回生・2回生が、東京女子医科大八千代医療センターに於いて前期の基礎看護学実習を修了しました。

ページのトップへ戻る