秀明大学

Eキャンパス  資料請求  アクセスマップ

トップ > お知らせ一覧 >『福島被災地の今を見る 記録写真集』発行 本学講師が撮影協力

『福島被災地の今を見る 記録写真集』発行 本学講師が撮影協力

2016/05/11

 東日本大震災によって千葉県内に避難されている方は、平成28年1月31日時点で3,908名います。震災から5年が経過し、被災者の現在の暮らしについて、メディアで取り上げられる機会も少なくなっています。避難されている方々からは「復興などの情報が届かない」、「少なくなってきている」という声を聞きます。
 平成27年10月30日、本学英語情報マネジメント学部の原田輝俊講師は、福島県から千葉県に避難されている方々、被災者の支援活動をする方々と一緒に福島県の復興公営住宅地、仮設住宅、避難指示区域の福島県浪江町を訪問し、記録写真の撮影に協力しました。
 平成28年3月に写真集が完成し、行政関係者、被災者支援をする方々へ配布されました。この写真集は、より多くの人が「福島の今」と被災者の暮らしに関心をもっていただくきっかけになればという願いが込められています。

福島県ふるさとふくしま帰還支援事業
協力:浪江町の方々 編集・発行:特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

ページのトップへ戻る