秀明大学

Eキャンパス  資料請求  アクセスマップ

トップ > お知らせ一覧 >バーチャルスタジオで小学生によるニュース番組制作を行いました

バーチャルスタジオで小学生によるニュース番組制作を行いました

2016/09/14

 8月27日(土)・28日(日)、本学原田ゼミに所属する学生(英語情報マネジメント学部ITキャリアコース3年生3名、総合経営学部情報コース4年生2名)が、四街道市文化センター内「みんなで地域づくりセンター」において、「小学生によるニュース番組制作」をおこないました。コンピューターグラフィックスによってスタジオを合成できる機器(バーチャルスタジオ)を使用して、本格的なニュース番組をつくりました。


参加した子供たちは、1日目に地域にあるお店などを訪ねて取材を行い、2日目はニュース原稿の作成、発声の仕方、映像機器の扱い方を習いました。
取材してきた内容を短く分かりやすくまとめ、声の大きさや話すスピードを確認。資料映像やテロップ(画面の文字)を切り替えるタイミングを調整するなど、何度も練習を繰り返して、全員で1つの番組を完成させました。


このプロジェクトは、秀明大学英語情報マネジメント学部原田輝俊講師が、学生、四街道こども記者クラブスタッフ、綺堂杏美(本学非常勤講師:発声とアナウンス指導)、四街道市みんなで地域づくりセンタースタッフなど、多くの方々と協力して実施しました。

ページのトップへ戻る