秀明大学

Eキャンパス  資料請求  アクセスマップ

トップ > お知らせ一覧 > 青少年のための科学の祭典千葉大会にオンライン出展しました

青少年のための科学の祭典千葉大会にオンライン出展しました

2021/06/15

本学からの配信の様子
本学からの配信の様子(プレゼンター:仲野佑生(左),モデレーター:鈴木勇人(右))

2021年6月12日 青少年のための科学の祭典 第26回千葉大会に本学学校教師学部の寺前研究室が「バーチャルスライドを体験しよう!~タブレット・PCで顕微鏡観察!?~」をオンライン出展しました。
当日は、学校教師学部B棟の教室と千葉市科学館をZoomでつなぎ、参加者に向けてバーチャルスライドの使い方や細胞の観察方法などを説明した後、参加場所から本学に設置されているバーチャルスライドデータ用サーバにアクセスしてもらい、玉ねぎの根の細胞やマウスのすい臓を観察しました。
終了後のアンケートでは、「たのしかった」「説明が詳しくて楽しかったです」「細かくみるといろいろな細胞が見え、他のも見てみたくなりました」など、好意的な意見をいただくことができました。

NanoZoomer-SQ
本学に設置されたバーチャルスライドスキャナ(NanoZoomer-SQ)

バーチャルスライドに関して
学校教師学部では、2021年3月にバーチャルスライドスキャナ(NanoZoomer-SQ 浜松ホトニクス)と配信サーバが設置されました。バーチャルスライドは、顕微鏡で観察するプレパラートをデジタルデータに変換し、タブレットやPC上で顕微鏡を観察しているように拡大したり縮小することが可能なものをいいます。主に遠隔医療で利用されている技術ですが、コロナ禍でICTを活用した教育が急速に普及したことから、大学での講義、実験や小・中・高等学校での活用を今後進めていきたいと考えています。

バーチャルスライドデータは,Web上に公開しています。
お問い合わせ:学校教師学部 准教授 寺前洋生 rikashitu@mailg.shumei-u.ac.jp

ページのトップへ戻る