秀明大学

Eキャンパス  資料請求  アクセスマップ

トップ > 学生生活 > 図書館

図書館

秀明大学図書館について利用方法各種資料紹介オンラインデータベース

秀明大学図書館について

図書館は、学生の学習や教員の研究活動に役立つ資料を計画的に収集し、整理、保存しています。資料(一部を除く)は、書架あるいはコンピュ-タなどで、直接学生のみなさんが、手にふれて利用できます。


図書館の開館時間と休館日

開館時間 平日・土曜日 午前9時~午後5時まで
休館日 日曜日・祝日・夏期、冬期、春期休業時は、休館となります。

※上記の他、必要に応じて開館時間の変更、臨時休館があります。この際あらかじめ掲示するので掲示板に注意すること。





貸出

借りたい図書(本)と学生証をカウンターに提出して貸出の手続きをして下さい。
期限は2週間、冊数は5冊までです。夏休み等、長期休暇の際は特別貸出(期限延長)を行います。

※借りたい図書が貸出可能なものか確認して下さい。利用者が共用する機会の多い参考図書、白書・年鑑の一部、雑誌、AV資料は貸出できません。

返却

貸出手続きをした図書を返すときは必ずカウンターで返却の手続きをして下さい。

※貸出手続きをしたまま直接本棚へ戻さないで下さい。本を借りたままの状態になり期限が過ぎれば延滞ペナルティを課せられます。


更新(貸出期間の延長)

図書を継続して借りたいときは、更新できます。必ず図書を持参しカウンターで  手続きをして下さい。借りている本を一冊でも延滞していたり、更新を希望する図書に予約が入ってい る場合は更新できません。


予約

利用したい図書が貸出中のときは予約できます、カウンターに申し込んで下さい。返却後、優先的に利用できます。希望する図書が返却されたら館内に掲示連絡します。


延滞

返却の期限に遅れた場合延滞となります。館内に氏名を掲示しますので至急返却して下さい。その後、一定期間が過ぎても返却されないときに、督促状を送付します。延滞するとペナルティとして遅れた日数×冊数分貸出停止となりますので十分注意して下さい。病気等、やむを得ぬ事情がある場合のみ、期限内に図書館まで連絡して下さい。


紛失

万一図書を紛失したり、破損した場合は速やかに図書館に申し出て下さい。原則として現物弁償となります。


資料の複写(コピー)

図書館内のコピ-コ-ナ-では、図書館の所蔵する資料に限り著作権法に定める範囲内において複写することができます。


利用方法

図書の利用

館内の書架に並んでいる図書については自由に閲覧できます。利用した後は近くの返却台へ置いて下さい、元の場所に戻す必要はありません。
館外へ持ち出す時は貸出手続きが必要となります。図書は分類順(日本十進分類法による)に並んでいます。館内に分類表を掲示していますので図書を探すときは利用して下さい。
コンピュータ等で検索した資料を書架で探して所定の位置にない場合はカウンターまで問い合わせて下さい。一部の図書は書庫に別置しています。




図書の検索


雑誌・新聞の利用

雑誌・新聞の最新号は一階雑誌コ-ナ-にあります。新聞縮刷版およびバックナンバ-は別の場所に保管していますので利用したい場合は、「資料請求票」に記入しカウンターへ提出して下さい。
朝日新聞,日本経済新聞,には縮刷版(一カ月単位)があります。
※雑誌・新聞の館外への持出しはできません。

雑誌・新聞の詳しい情報(所蔵巻号など)について調べたいときは、カウンターに所蔵雑誌目録を備えています。OPAC検索もできますので問い合わせて下さい。


映像資料

一階AVコーナーで図書館で所蔵する映像資料を利用できます。
リストファイルから利用したい資料を選び、「利用申込書」に必要事項を記入し、学生証を添えてカウンターで手続後、ソフトを受け取り視聴して下さい。
※AV資料の館外への持出しはできません。


レファレンス・サービス

図書館の利用の仕方や資料の探し方などのアドバイスを行います。
ゼミでの研究発表や卒論テーマの文献を探す時など図書館の資料に関すること、またコンピュータ機器の使用法などでわからないことがありましたら気軽にたずねて下さい。


本学以外の図書館等の利用

本学図書館に所蔵していない資料を利用したいときは、以下のサービスが受けられます。カウンターへ申し込んで下さい。

※これらのサービスを受ける前に本学図書館に該当資料が所蔵されていないかよく確かめて下さい。


オンラインデータベース検索

インターネット上にあるデータベース(情報)で新聞記事や雑誌論文など大学生活で有用な情報を調べることができます。
更新頻度が高いので最新の情報を手に入れることが可能です。


フロア・各種資料紹介

資料の種類

  • 一般図書
    専門書、学術書、研究資料、古典、概説書、評論、小説、ブックレット、就職関係図書、旅行書、実用書、ベストセラ-小説、娯楽的図書等

  • 参考図書
    辞書・辞典など特定の事項を調べる図書、また目録や索引など資料の所在や内容を調べるための図書(二次資料とも言います)緑色の丸ラベルが貼ってあります。
    ※貸出できません。

  • 文庫・新書
    (文庫)岩波文庫、講談社学術文庫、東洋文庫、同時代ライブラリ-、新潮文庫等
    (新書)岩波新書、中公新書、ちくま新書、丸善ライブラリー等

  • 白書・年鑑
    (白書)各政府機関および民間団体発行の白書類
    (年鑑)朝日年鑑、時事年鑑、世界年鑑、日本統計年鑑、世界統計年鑑、日本国勢図会、東洋経済データバンク等
    ※年鑑類と白書の最新版は貸出できません。

  • 雑誌・新聞
    雑誌・新聞は最近起きた事故・事件等について詳しい分析というよりは情報伝達の即時性に重きをおいている資料です。 最新の情報について知りたいときはここからあたるとよいでしょう。旅行・映画・スポーツなど娯楽的なものも揃えています。

  • AV資料
    AV資料には、‘百聞は一見にしかず’の言葉通り、動画や写真などの持つ直視的な情報伝達性に特徴があります。映画の鑑賞で教養を広げたり、語学の習得にも利用できるでしょう。

  • CD-ROM
    パソコンを利用してCD-ROM化された辞典や新聞の記事情報などの検索が可能です。文字情報だけでなくディスクに収録された画像情報なども見られます。

  • オンラインデータベース
    読売新聞記事データベース「ヨミダス歴史館」

  • オンラインデータベース

    オンラインデータベースとは?


    利用上の注意

    利用条件欄にこのマーク学内のみがあるものは・・

    ログアウト後再接続する場合、このページをお気に入りに登録しておき、このページから接続してください。


    ページのトップへ戻る