秀明大学図書館

蔵書検索(OPAC)  秀明大学  アクセスマップ

トップ > 図書館について

秀明大学図書館について

図書館は、学生の学修や教員の研究活動に役立つ資料を計画的に収集し、整理、保存しています。資料(一部を除く)は、書架あるいはコンピュ-タなどで、直接学生のみなさんが、手にふれて利用できます。

図書館の開館時間と休館日
図書館内の様子

開館日、開館時間は「蔵書検索(OPAC)」にて図書館カレンダーを確認してください。


利用方法

※利用方法の動画、PDFを閲覧するには、秀明大学配布のGoogleアカウントでログインが必要です。

館内の書架に並んでいる図書については自由に閲覧できます。利用した後は近くの返却台へ置いて下さい、元の場所に戻す必要はありません。
館外へ持ち出す時は貸出手続きが必要となります。図書は分類順(日本十進分類法による)に並んでいます。館内に分類表を掲示していますので図書を探すときは利用して下さい。
コンピュータ等で検索した資料を書架で探して所定の位置にない場合はカウンターまで問い合わせて下さい。一部の図書は書庫に別置しています。

貸出

借りたい図書(本)と学生証をカウンターに提出して貸出の手続きをして下さい。
期限は2週間、冊数は5冊までです。夏休み等、長期休暇の際は特別貸出(期限延長)を行います。

※借りたい図書が貸出可能なものか確認して下さい。利用者が共用する機会の多い参考図書、白書・年鑑の一部、雑誌、AV資料は貸出できません。

返却

貸出手続きをした図書は、1.カウンター、または 2.返却ポストに返してください。

1. カウンターに返す場合
 ・返却の際は、学生証を提示する必要はありません。
 ・出手続きをしたまま直接本棚へ戻さないで下さい。本を借りたままの状態になり期限が過ぎれば延滞ペナルティを課せられます。

2. 返却ポストに返す場合
 ・24時間利用可能ですが、開館時はなるべくカウンターに返却してください。
 ・破損、汚損がある場合は、返却ポストではなく、カウンターに返却してください。
 ・閉館後、翌朝の開館までに返却ポストに投函された図書は、前日の返却とします。
 ・附属資料(CDやCD-ROMなど)も返却ポストに投函可能です。その際は、ケースのふたがしっかり閉まった状態で投函してください。
 ・返却ポストに返せない資料があります。貸し出しの際にお伝えします。
 (大型本・痛みの激しい古い本・その他、特殊な装丁の本など)
 ・返却ポストを利用した図書について、利用者に問い合わせをする場合があります。

データベース・電子書籍・電子ジャーナルの利用について

データベース・電子書籍・電子ジャーナルの利用に際しては、以下のことを遵守してください。

利用上の注意

禁止事項

一般的に以下のような行為は契約上禁止されているため、絶対に行わないでください。契約に反する利用があった場合、提供元より大学全体の利用が停止される恐れがあります。学内の全ての利用者に多大な迷惑がかかることがありますので、くれぐれも適正な利用を行ってください。

「通学しない履修学生」の図書館利用

図書館では、学生および教職員の健康と生命の安全のため、「通学しない履修学生」の図書館利用に関してはオンライン申請による許可制とします。利用規定をよく読み、申請してください。

本学以外の図書館等の利用

本学図書館に所蔵していない資料を利用したいときは、以下のサービスが受けられます。カウンターへ申し込んで下さい。

他の図書館等に文献複写を依頼

文献複写を他大学等に依頼し取り寄せる事ができます。(費用利用者負担)

他の図書館等を利用

図書館が紹介状を発行し他の図書館等を利用する事ができます。

※これらのサービスを受ける前に本学図書館に該当資料が所蔵されていないかよく確かめて下さい。

卒業生の図書館等の利用

本学の卒業生で図書館を利用したい方は、こちらの図書館利用申込書(卒業生)フォームから申し込んでください。
申し込みに際し、以下の点をご確認ください。

利用したい日時については、開館日を図書館カレンダーでご確認ください。開館日でも、試験期間などはご利用をお断りする場合があります。

閲覧希望の資料については、貸出中・紛失でないことをOPACで確認してください。

※来館の際は身分証明書(運転免許証・健康保険証など現住所が確認できるもの)を持参してください。
※閲覧希望図書は取り置きますので、カウンターに申し出てください。
※貸出はできません。館内での閲覧のみとなります。
※複写はコイン式コピー機をご利用ください。(白黒のみ・1枚10円)

国立国会図書館「図書館向けデジタル化資料送信サービス」

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、図書館で画像の閲覧(複写)ができるサービスです。国立国会図書館デジタルコレクションのうち「図書館送信限定」表示のある資料がサービス対象となります。


ページのトップへ戻る