看護学部

看護学部のイギリス留学

医療現場でもグローバル化が進む現代では、看護職においても英語力・コミュニケーション能力は欠かせません。3年次夏休みに全員がイギリスに留学し、英語と看護精神の原点を学びます。留学中には英語の授業のほか、現地病院での医療現場の見学やナイチンゲールの眠る墓地訪問なども行います。

留学期間・時期

渡英時期留学期間
3年次夏休み3週間

スケジュール例

1日目日本出発2日目イギリス到着3日目ホームステイ開始
カンタベリー見学
4日目休日
5日目授業
医療施設見学
6日目平常授業7日目平常授業
夕食会
8日目小旅行9日目ロンドン
観光
10日目小旅行11日目休日
12日目医療施設見学13日目平常授業14日目医療施設
見学
15日目平常授業16日目医療施設見学17日目休日18日目休日
19日目プレゼン
準備
20日目プレゼン21日目イギリス
出発
22日目日本着

研修内容

現地到着

オリエンテーション/CCC施設の紹介

ホームステイ先へ

英語研修

医療施設見学

校外学習

プレゼンテーション(学修の内容を発表)

帰国

英語学修

グローバル時代が到来し、看護師にも英語能力は重要なものとなりました。英語の母国でその実践能力を高めます。また、イギリスの医療制度や医療施設、ナイチンゲールなどについて英語で学修します。教員を交えて、英語で発言し意見を交わすといった「アクティブラーニング」の要素を含んだ授業もあります。

イギリス留学を体験した
先輩からのメッセージ

学生が積極的に取り組むことができるよう工夫された授業が多く、英語がどんどん身についているのを感じました。

校外学習

ナイチンゲール博物館や生家、墓地などナイチンゲールゆかりの地を巡ったり、カンタベリー大聖堂やリーズ城といった観光スポットなどを訪れ、その歴史や文化を学びます。また、ロンドン市内を自由に観光する時間もあります。現地の人に英語で道を尋ねたり、逆に「どこに行きたいの?」と心配して声をかけてくれる人も。英語でのコミュニケーションを試す絶好の機会です。

イギリス留学を体験した
先輩からのメッセージ

ナイチンゲール博物館では学芸員の方が感情豊かに話してくださり、ナイチンゲールの看護に対する熱意や彼女の偉大さを知ることができました。

医療施設見学

現場スタッフ案内のもと、現地の病院や障がい者施設、ホスピスを見学し、イギリスの医療施設やそこでの取り組みを実際に見学します。障がい者施設では入所者の方々と折り紙をしたり、習字で名前を書いてあげたりしてコミュニケーションをとる機会もあります。また、フェイススケールなど実際の医療用具を使って簡単なゲームをするなど、楽しみながらイギリスの医療現場を知ることができます。

イギリス留学を体験した
先輩からのメッセージ

日本とイギリスの医療体制の違いに驚きました。プレゼンテーションを通しいてそれぞれの医療のメリット・デメリットを考えるなど、看護師を目指すうえで貴重な経験ができました。

ホームステイ

家族の一員としてホストファミリーと過ごします。家での日常的なコミュニケーションはもちろん、休みの日には近所に散歩に出かけて街のことを色々教えてもらったり、食材の買い出しに行って一緒にご飯を作ることもあります。

イギリス留学を体験した
先輩からのメッセージ

初日からとても親切にしてくださり、不安だった気持ちがすぐに払拭されました。ホームステイ期間が長いので、帰国する頃には日常会話が聞き取れるレベルにまでなりました。

留学体験の声

Copyright © Shumei University All Rights Reserved.

TOP