学部の学び

ゼミ紹介

1年次より「英語情報演習」という学部名を冠した科目でゼミ研究を行なっています。

1、2年次を基礎力養成期間として、各コースごとにその専門に関連するさまざまなトピックを取り上げ、専門知識を深めるとともにプレゼンの仕方を学び、3年次以降で研究調査してみたい分野を見つける期間に当てています。

3、4年次からは、2つのモジュールを用意しています。1つは、自分の研究テーマにあったゼミ教員の指導の下で研究をしていき、卒論や専門研究プロジェクトとして最終的に発表につなげるモジュール。もう1つは、研究テーマを絞らずに、専門分野の学修をさらに進めていくモジュールです。どちらのモジュールもそれぞれの利点がありますので、将来の進路設定に沿って選択していけるようにサポート体制を万全にしています。

英語キャリアコース

関口 昌昭ゼミ英語学(統語論、語源論)

イギリス留学で培ってきた英語を英語学の見地から学問として裏付けることを目的とします。日英に関する言語資料を活用し、その文化背景を加味しながら、語源に言及しつつ語彙を扱ったり、通時的に文法を捉えたりするほか、時には音韻について体系的にまとめていくことも。実践的な英語力向上を図りたい、学問としての英語の知識を修得したいといった諸君が深く学べるように指導していきます。

久部 和彦ゼミ英語学(語用論・音韻論・音声学)・言語学(統語論・意味論・言語哲学)

英語と言語に関する様々な技量や研究課題を多角的にアプローチします。具体的には「言葉・音・心・意思」が織りなす<言語ゲームの深層>を読み解き、バリエーションを考察し、音声・音韻・意味・語用の基本的な技量に係わる演習を通し英語力のトータルな向上を図ります。また、音と文字や記号との「隙間」にも着目し、サイン・ランゲージや絵文字などを含めた「言語と非言語の越境・融合・縮刷の再構築」にも注目していきます。

ガービー・ベンティンゼミ異文化コミュニケーション、英語教育、国際化と企業・社会・教育

異文化理解、英語教育とグローバル化などについて研究をしています。英語教育については、文科省から発令される指導方針や第二言語習得、あるいは現行の英語教育の問題点などを討論の題目に据えて話し合ったり、グローバル化が文化や教育に及ぼす影響、あるいはそうした関連事項の問題点などを討議します。3年次には自ら選択したトピックに基づいてエッセイライティングに挑戦し、4年次では卒論の執筆が目標です。

ポール・コンロイゼミオーストラリア事情、ディベート

本ゼミでは、多文化社会の特徴を持つオーストラリアについて様々な側面から学びます。たとえば、原住民であるアボリジニーの生活様式、ヨーロッパ人による植民地時代、移民の影響、教育制度、オーストラリアで留学生活を送る外国人学生事情などです。こうしたトピックを多種多様な方法を用いて調査研究し、これをレポートにまとめ上げて、最終的にアカデミックスキルを修得していくことを目指します。

神田 真岐ゼミイギリス文化事情

イギリス留学中に体験した様々な文化や生活様式について、さらに文献や研究を通して理解を深めることを目的としたゼミです。まずは英語で書かれた文献を講読しながら、イギリスの文化事情を考察していきます。講読の際は予習が必須です。さらに、学生には、各自が興味を持っている課題テーマを設定し、これを調査研究して、グループあるいは個人単位でプレゼンテーションをすることが課されます。皆さんの積極的な参加を期待しています。

ITキャリアコース

大塚 時雄ゼミ国際情報論研究

2年次までに学んだ英語力と情報系の知識をより発展させ、情報と国際化をキーワードとした各種テーマについて研究を行っています。具体的には、「情報化投資の効果」「情報通信技術を用いた地球環境保護」「IT社会のルールづくり(SNSやケータイなど)」「情報通信技術ベンチャー」「情報通信産業」などに関する調査を、日本および複数国を対象として実施。情報化が社会経済に与える影響について、国際的な視野に立った研究を進めています。ゼミでは、研究と並行してITスキルおよび英語力を中心とした技能向上を図ります。

高見澤 秀幸ゼミメディアプログラミング

人とシステムをつなぐヒューマンインターフェースの構築や、デザインを始めとするアート作品の制作には、「何をどうしたいか?」を考えるのはもちろん、「どう実現するか?」という視点も必要です。このゼミでは、映像や音、グラフィックスなどの素材の制作から、それらを組み合わせた作品やシステムを構築するためのプログラミング技術を修得することを目標としています。プログラミングのためのプログラミングではなく、何かを成し遂げるためのプログラミングを通じて問題解決能力を養います。

原田 輝俊ゼミメディアデザイン

人を楽しませたり感動を伝えたい。情報通信技術が高度に発達した現在では、インターネットを通じて広く情報を共有することができるようになりました。ネットと実社会がつながり、感動や賑わいが波及する効果は、新しい産業や地域振興策に生かされようとしています。当ゼミでは、コンピュータや映像機材を使いこなし、記録映像、ライブ中継、写真撮影、Webやポスター制作などによって、地域の賑わいづくりに取り組みます。産学官連携による実践的な取り組みの中で、確かな知識と社会性を身につけた人材育成を行います。

松山 宏樹ゼミアプリケーション開発

「こんなソフトウェアがあればいいのに!」ゼミではそのような思いに対して、どうすれば実現可能なのかを考え、開発をしていきます。具体的なテーマとしては、「人工知能」「モバイルアプリケーション開発」「ネットワークシミュレーション」などです。今、自分にはどのようなスキルが足りなくて、何が不明点なのかを明確にすることで、自身が抱えている問題点を正確に把握します。また、その問題点を仲間と共有することで、相手に正しく情報を伝える能力及び解決能力を養います。

取得を目指す資格

英語キャリアコース

取得を目指す資格
  • TOEIC(700点以上)
  • TOEFL
  • IELTS(FCE、CAE)
  • 実用英語技能検定試験(準1級、1級)
  • 観光英語検定試験(2級)
  • ボランティア通訳検定(B級)
  • ケンブリッジ英検(FCE、CAE)

ITキャリアコース

取得を目指す資格
  • ITパスポート試験(国家資格)
  • マイクロソフト認定資格
  • NTTコミュニケーションズインターネット検定
  • CompTIA A+(国際的IT資格)
  • 基本情報技術者試験(国家資格)
  • LPIC(Linux技術者検定)
  • Webクリエイター能力検定
  • Javaプログラミング能力認定
  • 情報セキュリティマネジメント試験(国家資格)
  • 応用情報技術者試験(国家資格)

学修奨励金制度

本学部では特に下記の資格取得を奨励しています。入学後にこれらの資格を取得した方には、そのステージに応じて大学から奨励金が支給されます。

ステージ 英語資格 奨励金
ブロンズ TOEIC 600点以上
英検2級
ITパスポート
1万円
シルバー TOEIC 700点以上
情報セキュリティマネジメント試験
3万円
ゴールド TOEIC 850点以上
英検準1級
基本情報技術者試験
5万円
プレミアム 英検1級
応用情報技術者試験
10万円

カリキュラム・ポリシー

英語情報マネジメント学部は以下の方針でカリキュラムを編成する。

  1. 高い英語コミュニケーション能力とコンピュータ処理活用能力を備えた企業人として、現代の国際社会、情報社会で活躍できる人材を育成するため、4年間の学士課程を通じ、「総合基礎科目」と「総合共通科目」などを履修するとともに、専攻科目A群の英語関連、B群の情報関連、C群の経営学関連に関する専門分野についてそれぞれ規定以上の科目を履修する。
  2. 個々の学生が有している能力を最大限に引き出すため、少人数制と双方向型授業形態を提供する。そして、学生が特定のテーマに沿った課題において、自ら問題意識を持って学問的探求や考察が行なえるように、日本語や英語を駆使したアカデミックスキルを養う。
  3. 英語キャリアコースでは、「使える英語」の修得に加えて、グローバル人材に求められている、チャレンジ精神、異文化理解、日本人としての自覚といった資質を磨くために、5か月間のイギリス留学を必修とする。その後、英語学やコミュニケーション論、異文化理解論を専門科目として履修し、英語に関する学問的知見を広める。
  4. ITキャリアコースでは、社会に出て即戦力として活躍できるようにするため、情報関連の資格取得をめざすとともに、情報の専門分野として、ネットワーク構築や情報科学、経営情報、クロスメディアデザインなどの領域に関する知識を学修し、情報に関する学問的知見を広める。

カリキュラム/履修モデル

Copyright © Shumei University All Rights Reserved.

TOP