教員紹介 詳細

中島理暁

学位

学士(経済学)、Master of Arts

学歴

関西学院大学経済学部卒業
The Graduate School and University Center, The City University of New York
千葉大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学

専門分野

生命倫理学・公衆衛生学・現代医学史

研究テーマ

公衆衛生倫理・公衆衛生史・医療倫理史

所属学会

American Association for the History of Medicine
American Society for Bioethics and Humanities
American Public Health Association

主な担当科目

衛生学・公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ、生命倫理学、学校教師演習ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ

主な業績

【論文・翻訳/解題等】
“The AIDS Epidemic, Community Responses, and the Social Sciences”
『医療と社会』Vol.8 No.4, pp.88-108 (1999)
「遺伝病スクリーニグのパラドクス:フェニルケトン尿症のスクリーニング」
(翻訳)『現代思想2000年9月号 特集=健康とは何か』(2000)
「倫理委員会の脱神話化」『思想』977 号 岩波書店 (2005)
「死にゆくブライアンを前にして:インフォームド・コンセントのレトリック
と現実」(翻訳・解題)『思想』977 号 岩波書店 (2005)
「徳島大学倫理委員会設立経緯インタビュー調査」(共著)『生命科学・生
 命技術の進展に対応した理論と倫理と科学技術社会論の開発・研究:平成16
 年度研究成果報告書第一部』研究代表者:小泉義之(2005)
立岩真也著『ALS―不動の身体と息する機械』(書評)『週刊読書人』(2005)
「アメリカ生命倫理学に対するメタ分析的、かつ歴史的な研究」『第29回日産
 学術研究助成』報告書 研究代表者:金森修 日産科学振興財団 (2006)
「終末期医療と倫理委員会」『日本生命倫理学会ニューズレター36号』(2007)
『誠実という悪徳:E.H.カー 1892-1982』(共訳) 現代思潮新社 (2007)
【学会発表等】
“Perinatal HIV Policies in Japan: The Social Context of Ethics, Values and
Practices.” Abstracts and oral presentation. 124th Annual Meeting of the
American Public Health Association. (1996)
「HIV母子感染をめぐる保健医療政策の日米比較」日本生命倫理学会第9回年次
大会 (1997)
「倫理委員会の歴史的現在:アメリカの経験と日本への示唆」科学技術社会論
学会第3回年次大会 (2004)
「政策としての倫理委員会:生命倫理制度のメタ的分析に向けて」日本生命倫
理学会第16回年次大会 (2006)
「HIV研究の新たな交錯点を求めてー社会は何をどう経験してきたのかー:医学史・生命倫理学の視座から」第21回日本エイズ学会学術集会シンポジウム (2007)
“Shaping End of Life Policy in Japan in the Shadow of American Bioethics.” Abstracts and oral presentation. 107th Annual Meeting of the American Anthropological Association. (2008)
「保健医療福祉領域における社会科学的研究の倫理監視制度:アメリカの現代史から」第7回福祉社会学会大会 (2009)
“Lost in Translation or Finding New Language?: Bioethical Discourse on End-of-Life Policy in Contemporary Japan.” Abstracts.138th Annual Meeting of the American Society for Bioethics and Humanities. (2009)
「生命倫理研究者と医師が共同して行う脳死状態患者の終末期医療に関する生命倫理的医学教育の意義」(共著)第21回日本生命倫理学会年次大会 (2009)
“The Ethics of Research in Public Health: Challenges to the Development of the Ethical Review of Human Subject Research in Japan.” Abstracts and oral presentation. 138th Annual Meeting of the American Public Health Association. (2010)

Copyright © Shumei University All Rights Reserved.

TOP