学校教師学部

お知らせ

教員採用実績

今年も続々と合格

 2018年度教員採用試験において、4年生が出身地の自治体(北海道、青森県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、富山県、石川県、岐阜県、兵庫県、広島県、高知県、沖縄県)などに続々と合格しています。




「一流の教師」を育成します

学部の特色

単なる「知の伝達者」としての「教員」ではなく、生徒にとって人生の先輩となる、学力、指導力、人間性に富んだ「真の教師」を育成します。徹底して学校現場で研修を行うとともに、ヨーロッパの学校現場を訪問するなど、国際的視野で物事を考えられるカリキュラムを準備しています。教育に対して強い情熱と堅固な意志を持つ学生を歓迎します。

1. 「教師としての広く深い教養」を重視

様々な分野の教養科目を開講し「教師としての深い教養」を教育します。
「人間に対する理解と生きることの意義・使命感を育てる科目」
「現代社会の持つ諸課題について理解する科目」
「茶道・武道等の型の文化を通じて相手に対する思いやりを基調とする礼儀作法を身につける科目」等。

2. 「授業で勝負できる確かな授業カ」を育成

「各教科内容の専門的知識を学修する科目」と「教科教育法」「教材研究」「授業研究」等の実習科目を配置し、「授業で勝負できる力」を育てます。
実習科目は、中学・高校で豊富な教育経験があり、後輩教師の指導に情熱と意欲のある教授陣が当たります。

3. 「優れた生徒指導能力」を育成するために「1年次から学校現場で研修」

教育現場で強く求められている「生徒を理解する力」「授業指導力」「生徒指導力」
「ホームルーム経営の力」を育てるために、1年次から小・中学校の学校現場で「見学・研修」「学習支援」「授業等の実習」を年間を通して計画的に積み重ねます。

4. 「教員として重要な資質能力」を総合的に育てる教育課程

「総合基礎科目(外国語、情報、体育)」「総合共通科目(教養科目)」「教育専門科目」「専修教科科目」で構成された教育課程に加えて、学生寮で「夜間学修」「夜間講座」を行ない、 学修内容の深化・発展を図り「教員としての重要な資質能力」を総合的に育てます。
現在、現職教員研修で取り上げられている「生徒指導事例研究」「発達障害児の心と行動」等を学ぶ科目も設けています。

5. 望ましい人間形成のための学寮生活

全員が学寮生活を通して「対人関係能力」「正義・寛容・理解と共感・思いやり・役割と責任」など、より良い生活習慣を身につけた望ましい教師としての人間形成をめざします。

6. イギリス留学による「生きた英語カの育成」と「海外教育視察研修」

各専修コースごとに1ヵ月または5ヵ月間、イギリスに長期滞在して「生きた英語力」を磨きます。
さらに西欧の学校現場を訪問して、学校制度や教育指導の在り方などについて国際的視野から研修を実施します。




お問い合わせ

秀明大学入試に関するお問い合わせ
電話番号:047-488-2331(直通)

資料請求はこちら

このページのTOPへ